友情

皆さんは、

●元ラグビー選手の平尾誠二さん

●IPS細胞の研究で有名な山中伸弥教授


このお二人が、唯一無二の友人関係にあったことを、ご存知のでしょうか?


以前、別の記事でも書かせていただきましたが、私は、それを偶然視聴していた「成功の遺伝子」というTV番組で知りました。


licoriko.hatenadiary.jp


そのTV番組では、平尾さんと山中教授の出会いや、友情を育んできた様子。


そして、癌となり余命宣告を受けた平尾さんの闘病を、山中教授が支えていたことが、紹介されていました。


それを観てから、お二人のことを、もっと知りたい。そう思っていた矢先、書店で、こちらの本を見つけました。


f:id:licoriko:20180311205228j:plain


平尾さんの約一年に及ぶ闘病生活について、


第一章で、山中教授が、

第二章では、平尾さんの奥様が、


それぞれ、語っています。


そして、第三章では、平尾さんと山中教授の出会いとなった雑誌の対談が、掲載されています。



平尾さんが闘病中、治療方法に思いを巡らす家族へかけた言葉からは、


山中教授に対する絶大な信頼と、厚い友情を感じました。


「僕はもう、山中先生を信じるって決めたんや」



そして、平尾さんを偲ぶ感謝の集いでの、山中教授の挨拶からは、それに応えることができなかった無念さが滲み出ていて、胸が熱くなりました。


「きみの病気を治すことができなくて、本当にごめんなさい。」


この本を読んで、大人になってから、何の利害関係も考えず、こんな純粋で、強い友情を育めるものなのかと驚き、そして、感動しました。