「怒る」と「叱る」

昨日放送された「成功の遺伝史」というTV番組の中で、一昨年亡くなった、元ラグビー選手・平尾誠二さんの言葉が紹介されており、それが、とても印象的でした。


【人を叱るときの4つの心得】

①プレー(行動)は叱っても人格は責めない。 

②後で必ずフォローする 

③他人と比較しない 

④長時間叱らない 


これは、IPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥教授が、若手の育成に悩んでいたとき、平尾さんが送った言葉だそうです。


よく「怒る」と「叱る」は違うと言われますが、怒るとは、自分の感情を、ただ相手にぶつけるだけ。叱るは、徹頭徹尾、相手のことを思いやり、自分の考えや思いを伝えることなんですよね。


とても素敵な言葉だったのでご紹介と、自分への戒めのために記事にしました。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。