3日間のお留守番

今日は、ここ数日の職場の話。

今週は、水曜日から金曜日まで、会社でイベントがあり、営業の皆さんは、そのイベントに駆り出されていきました。そのため、事務所には、私を含め内勤スタッフが5名のみ。

 

仲が悪いわけではないのですが、内勤スタッフは、物静かな人が多いので、基本、休憩時間以外でおしゃべりをする人は、あまりいません。会話をしても仕事上の事務的な会話のみ。

(飲み会では楽しい人たちなんですが、お仕事中はとっても真面目です。)

 

そんな、営業さん達のいないお留守番中のことを、まとめてみました。

 

●水曜日(お留守番1日目)●

定時きっかりに帰宅し、1分の残業もしない、完璧なノー残業デーを実現!

 

※営業さんがいると、定時数分前にお仕事を運んでくることも…

夕方近くに、営業さんが意味深な微笑みを浮かべながら近寄ってくると、軽い寒気を感じます。でも、今週は、営業さんがいなかったため、定時に退社。

 

●木曜日(お留守番2日目)●

普段は、なかなかできない事務所内のお掃除を頑張り、満足。

 

※いつも、誰かしらが使っていて、なかなか掃除できないミーティングコーナーや、資料棚のお掃除も、人が少ないとラクラク♪

ずっと、気にかかっていたので、お掃除することができて、気持ち的にもスッキリしました。

 

●本日(お留守番3日目)●

本日も特にトラブルはなく、順調に仕事がはかどり、夕方にはひと段落。

コーヒーブレイクしていると、ふと、営業さんの無駄話や笑い声が少し恋しくなり…

 

※普段、私自身が営業さん達の会話に加わることはあまりありませんが、それでも、事務所内に笑い声が聞こえると、なんだか明るい気分になります。

でも、今週はそれがない( ノД`)

 

改めて営業さん達の存在感を実感した、3日間なのでした。